【Google Cloud】Migrate for Anthos and GKEでVMを移行してみた(2:「評価」編)

【Google Cloud】Migrate for Anthos and GKEでVMを移行してみた(2:「評価」編)

Google CloudのMigrate for Anthos and GKEは、オンプレミス環境や他のクラウド環境からGoogle Kubernetes Engine(GKE)へのアプリケーション移行を簡単に実現するためのサービスです。

この記事ではMigrate for Anthos and GKEの概要や実際に利用検証をした内容をご紹介します。(全4回)

評価(Asess)

現行環境がMigrate for Anthos and GKEによる移行に適しているか評価を行います。

適合性評価ツールのインストール

(参考:適合性評価ツールのインストール
公式ドキュメントを参考に移行元マシンに適合性評価ツールをインストールします(ダウンロードして権限をつけるだけなので詳細は省略)。

適合性評価ツール(mfit)の実行(マシン情報の収集)

(参考:データの検出と収集
適合性評価ツール(mfit)を実行して対象マシンの情報を収集します。
[root@anthos01 mfit]# ./mfit discover vsphere -u ??? --url https://192.168.100.220
[+] To help improve the quality of this product, we collect pseudoanonymized usage data; additional information is available at <https://cloud.google.com/migrate/anthos/docs/usage-statistics>.
This data is handled in accordance with our privacy policy <https://cloud.google.com/terms/cloud-privacy-notice>.
You may opt out at any time by running the following command:
$ mfit config set disable_usage_reporting true

Enter vSphere password: ************
Error: 1 error occurred:
* failed collecting 'VCenter': failed connecting: connecting to vSphere at https://root:xxxxx@192.168.100.220/sdk: Post "https://192.168.100.220/sdk": x509: certificate is valid for 192.168.128.11, not 192.168.100.220

        
証明書関連のエラーが出てしまいました。今回は-iオプションで証明書チェックをスキップします。
[root@anthos01 mfit]# ./mfit discover vsphere -u ??? --url https://192.168.100.220 -i
Enter vSphere password: ************
[+] Found 40 VMs
Collecting data...
40 / 40 [-----------------------------------------------------] 100.00% 1712 p/s
[?] Collection completed.
        
データ収集用のスクリプトも実行します。
# cd ~/mfit
# sudo ./mfit-linux-collect.sh
Collected info saved to: m4a-collect-anthos01-2023-03-13-22-22.tar
# ls -l
-rw-r--r-- 1 root root 101515  3月 13 22:22 m4a-collect-anthos01-2023-03-13-22-22.tar
-rwxr-xr-x 1 root root  23819  3月 13 22:06 mfit-linux-collect.sh
スクリプトで収集したデータのインポートを行います。(※ mfit discover vsphereコマンドを実行したマシンでインポートを実施しました。)
# cd /home/user/mfit/
# ./mfit discover import /root/mfit/m4a-collect-anthos01-2023-03-13-22-22.tar
[?] Collection completed.
無事に情報の収集が完了しました。

適合性評価レポートの生成

(参考:適合性評価レポートを生成する
次は適合性評価レポートを生成して内容を確認します。 今回のターゲットは「コンテナ化|AnthosとGKE」ですが、試しにallですべてのプラットフォームの適合性を確認してみます。 HTML&詳細HTMLレポートを生成します。
# ./mfit report --format html > summary.html
[+] Assessing fit rules for 1 Assets.
1 / 1 [----------------------------------------------------------] 100.00% ? p/s
# ./mfit report --format html --full > detail.html
[+] Assessing fit rules for 1 Assets.
1 / 1 [----------------------------------------------------------] 100.00% ? p/s
生成できました。
# ls -l
-rw-r--r-- 1 root root 363777 3月 13 22:55 detail.html
-rw-r--r-- 1 root root 584873 3月 13 22:54 summary.html

レポート内容の確認

内容を確認します。
  • ・HTMLレポート(summary.html)
image-20230410200231371
  • ・詳細なHTMLレポート(detail.html)
image-20230410200418176 今回のターゲットである「Containerize | Anthos and GKE 」がNeeds moderate effort(つまり「移行前に中程度の作業が必要」)となっていますね。詳細を確認してみましょう。 detail.html_part

複数のNICが使われているのが問題として検出されているようです。この段階で対処すべきかどうかわかりませんし、他は問題なさそうですので、ひとまず次のステップに進みます。(ESXとvCenterのバージョンがNo infoamtionになっていますが、これらはもともと確認済みなのでOKです。)

ちなみに、「Containerize | GKE Autopilot」、「Containerize | Cloud Run」は同様の内容で、「Shift | Anthos VM on Bare Metal」は併せてvTPMの情報がNo infomationとなっていました。「Containerize | Tomcat App Container」は移行元がTomcatサーバーではないのでNo fitになっていますね。

まとめ

今回は適合性評価ツールを利用して移行前の評価を行いました。

次回は「計画」の手順を進めます。ぜひ次回もご覧ください。

関連記事

本記事はいかがでしたか?

Follow Google Cloud研究開発チーム:

株式会社システムサポート(STS)のGoogle Cloud研究開発チームです。 実際に技術検証した事例を中心に記事発信していきます。